母親が脳卒中で倒れて1週間。片麻痺よりもツライ事と、オレは糠床を預かった…。

f:id:barumino:20170722113029j:plain

母親が倒れていろいろ面倒臭いことが多いですが、、糠床を預かった。

小さいタッパーなら冷蔵庫で保管できますが、、壺だし!!

冷蔵庫に入れられない場合は、毎日朝晩かき混ぜてあげないといけない。

怠ると、おしっこを沸騰させた様な匂いがしてくるし…。

かき混ぜた後、爪には糠が入り込み、匂いが一日取れない気がする。

糠床を預かってから、糠が入り込まないように常に深爪で痛い!!!

 

okusoku.hatenablog.com

 

 

 体がマヒしている事と同じくらい、ツライ事

毎日、病院に様子を見にいっています。

前向きな話をして、ツライリハビリに対して前向きになって

意力的に取り組んでもらえるようにこちらなりに頑張っています。

しかし、現実は体の左半分が動かなく、左足がすこし上がる程度。

左手はまったく動かなく、触られている感覚もないと。

左手は体の他の部位より明らかに冷たいし…。

 

そして、下半身は尿道に管が入れられて、ベット脇には尿を貯めておく袋。

なんで透明なんだ!?明らかに尿が入っているのがわかる!!

看護師の作業性だと思うけど、こんなの見られたくないだろうし。

そして、トイレには行けないし、行かせてもらえないからオムツをはいてる。

腰回りはオムツで大きく、少し匂うような気もする。

便意を伝えても、そこでして下さいと言われるとのこと!!

したくても出来ないし、一度うんこをオムツでしたら

戻ってこれない様な気がすると本人はいう。

そして、お見舞こられると困るから入院した事を伏せておけと言う。

 

コレ ↓ 「導尿カテーテルについて @メディコン 」

http://www.medicon.co.jp/general/?m=Donyo

 

 

ベット脇のスケジュール表に「風呂」と書いてあるから、

「今日はさっぱりできるね!」と伝えたら憂鬱であるとの返答!!

週2回しか入れないし、うれしいのかと思いきや、ストレッチャーで

入れられて、洗ってもらうのはかなり複雑な心境になるそうです。

話はできなかったけど、オムツ交換もそれ以上の心境だろうな。

 

頭がしっかりしているから辛いけど、

退院後に思い出して欲しい

降圧剤、止血剤の点滴が外れるまではまともに水も飲めず

常にのどが渇いた、動けず背中が痛い、など切ない思いをしている様子。

入院、2日で点滴が外れてからは、横にして背中をマッサージしてあげたり

体の動かない側をさすってあげたりしていました。

そして、4日目からは軽いリハビリが始まりました!!!!

 

脳出血による症状は多々あるようですが、

頭が、しっかりしているだけに、体が動かない事と同じくらい

辛い思いをしている様子。

リハビリが思うようにできく落ち込む様子を見せますができるだけ支えたい。

また、健康になってからはこの辛い思いでで、再発しない様にしてもらいたい。

 

母親の気持ちを一方的に書いたが看護師の仕事もすごい大変だなぁと、

改めておもった。

オレは将来、いろいろな思いを、糠の匂いや漬物で思い出すんだろうと思った。

 

母親が脳卒中で倒れました(;゚□゚)

 

雪の中、救急車は行く

 

70歳近くなり、何らかの病気や入院は覚悟してはいましたが、、

救急車で病院に運ばれてすぐにCT。右脳での出血が確認された。

 

出血を抑える為の止血剤、降圧薬の点滴をうける。

点滴の他に、多くのセンサーや管が取り付けられ、ピコピコ電信音がすさまじい。

モニターには、母親の血圧が大きく表示されてる。

血圧は170と表示されている。

これ以上出血しない為に、血圧を下げなければならない。

 

1時間後に再度CTを撮り、出血が増えていれば緊急手術だといわれる!

 

待っている間、何もできないし、ただ、ただ焦り、祈るばかり。

体のすべてをつかさどり、心や思いが宿る頭を開けると、話を聞くだけでおぞましい気持ちになってしまうが、医者は冷静そのもの。

2回目のCTの結果を聞くのがものすごく恐ろしかったが、

点滴が効いたのか出血はふえておらず、血圧も120まで下がった為、

2種の点滴で様子見て行く事となる。

 

 

駆け付けた病院で見た母の姿、

かなりショックを覚えました。

しかし、脳出血

意識こそありますが、左半身が動かない、

それ以前に何が起きたか良く解っておらず目をぎょろぎょろし、

何かしゃべっているが、まったく聞き取れない。

 

 

しかし、明るい母親、なかなか会話が成立しない状況をやっと理解したのか

「なにいってるかわかんないっしょ???」 

なぜか、この言葉だけすごく聞き取りやすく発声でき、皆、爆笑。

少しだけ安心して病院を出るが、その日は一睡もできなかった。

 

頭の中心部になる視床出血だと!

翌日、改めて医者からの説明を受けるために病院へ。

高血圧性 脳出血であり手術の必要こそないが、

意識障害、左片麻痺、感覚障害、失語障害などの症状がみられる!

血腫が吸収されると症状が改善されリハビリにより回復し

改善されていく見込みであると・・。

 

視床という様々な感覚をになう部分が出血し、

そこを通る神経がなぎ倒されている状態だという。

しかし、出血はアザのように徐々に消えて症状が軽くなっていくとの説明。

同時になぎ倒された神経は戻らないとの説明も。

これからのことが不安でたまらない。

 

そこなしに、明るい母親に励まされる 

失語障害についてはまったく感じられないほど、一生懸命しゃべる母親

なにか、自分でも不安を取り除くために一生懸命しゃべっている感じか?

病院内では何をするにせよ、名前の確認、生年月日の確認があったり日付けを聞かれたりするのですが。

 看護師「お名前は?」

 母親「吉永小百合!」

 看護師 「 !?!…。」

いいのか、悪いのか冗談をいう。石原さとみとも言った。

倒れて2日目、母親も状況を理解し苦しんでいるハズなのに一番あかるい。

そこなしに明るい母親の為にもこちらが頑張らなきゃと改める。

 

 

 

 

 

いまさらですが静岡マラソンふりかえり

f:id:barumino:20170405002926j:plain

2月中ごろから~4月末まで毎年、仕事が激務でなかなか自分の時間がとれず仕事オンリーになっちゃいますが、せっかく苦しい思いをしたフルマラソンですので記憶薄れがちですが振り返っときます。

写真はレース翌日に10k走った後に撮ったちょっと寂しい写真。レース後の、寂しい心情を映し重ねる感じです?!?

 

 

レース計画

直近レース結果は、3カ月前、袋井マラソンで3時間19分、1カ月前、森町ハーフで1時間27分で走っている為、よくある方程式「 ハーフx2倍+10~20分」で目標設定!!

直前ハーフの1時間27分の2倍、2時間54分に、ちょい走り込み不足やら体重オーバーやらを加味して方程式関数の最大値+20分を足して3時間15分を目標タイムとしました!!

 

懸念事項

袋井メロン3時間19分は、大きなアップダウンコースでのタイム。

平坦な静岡マラソンでは計画とおり3時間15分で走れそうだが、、

1月130k、2月180kと走り込み不足。

ロングは2月に30kが一回と明らかに走り込み不足に加えて、体重。

181cmで79kgと、明らかにランナー平均を上回ってます。

 

レース当日・レース前の様子!

朝は肌寒く、雲が多い、それほど気温が上がらなそう。

実際、レース後暑かった記憶なし、富士山の記憶もないし、走るにはなかなかのコンディションだったはず。

レース前に高級補給食VESPA PRO 飲んでVESPA HYPERを3ケ持ってスタート。

走り込み不足と体重以外は、タイムが出るんじゃないかと思う具合でした。

 

レース序盤

スタート直後、これまでの静岡マラソンと違いコースが狭い!!

Bブロック最後方からのスタートでしたが、2車線しか使用していなく結構渋滞。

コース変更で場所取りが重要になった。

スタートロスは1分40秒。これまでの静岡マラソンBブロックでは30秒程度だったのにコース変更で場所取りが重要になった。

その為、5k地点くらいまでは思うように走れずストレスが溜まる感じか?

10k通過は45分40秒。序盤混雑でタイムが安定しなかったが、ほぼ思い通り。

 

レース中盤

4分半ペースを30k迄は続けて、その後は10~15秒失速しても目標達成する段取り、予定通りで1時間30分ちょいで20k

でも、20k通過したあたりからちょいキツイ。

久能海岸線の風は向かい風だったらどうしようかと思い走るが、、若干の向かい風

なんとか4分半キープで進む。

 

レース後半~ゴール

海岸線のほぼ真ん中30kあたりから予想通りというか、いつもの失速でキロ4分40秒程のペースに落ちる。

ここから失速を最小限に抑えて、こらえれば目標達成だと辛抱していく。

しかし、34k程からは6分近くまでペースが落ちる。

ゴールタイムはいつものフルマラソンタイム3時間25分でした。。

 

反省と課題

タイム予想で使用する方程式が大体当てはまらないです。

10k、ハーフレースでは、よくある方程式で出てくるタイム通りに完走。

しかし、フルだと30k過ぎに安定の失速を毎回する。

原因は大体予想がついていて以下3点

・体重オーバー

・走り込み不足

・かなりのスライド走法で脚ダメージが大きい。

 

つぎのシーズンまで改善するべき事①

体重減

体重。現状は身長-100!ランナーとして-110以下の体重にしなきゃ。

(ただいま身長181で79k⇒最低71kにする。)

体重が重いから脚ダメージが大きく、後半失速しているは確実。

体重はすべての失速要因をさらに大きくしている。

体重-1kでフルマラソンタイム-3分説があるが、-8kg出来たらそれだけで、24分タイムを縮められる!!

 

つぎのシーズンまで改善するべき事②

しっかり走り込む

これは、しっかり目標意識をもって取り組むしかない。

他はすこし走り込むと足首がだいたい痛くなり距離を伸ばせなくなるが、体重を減らせばかなり改善されるのではないかと思う。

走り込みがこなせて、体重も落ちて、タイムも出る、そんな良い状況に持ち込むことが出来ればどんどん良くなるのは確実。すべては体重減からはじまるのか???

 

つぎのシーズンまで改善するべき事③

フォーム改善・ピッチ走法寄りにする!

かなり、スライド気味で体重も多く脚ダメージが多く後半の失速につながる。

前々回フルマラソンでそんなことを感したが、なかなかフォームは変えられない。

①、②が達成できればここはそれほど気にしなくても良いかとも思う。

 

マラソンを楽しもうー。

今回も失敗レースに終わりましたが、それでも仲間とアーダ、コーダ言いながらお酒を飲むのは楽しかった。

マラソンは人それぞれ、いろんな取り組み方があるが、自分はまだまだ、タイムを狙って行きたい。

最近は、周りがどんどん速くなって、人と比べて、落ち込んだり、つまらない考えをした事もあって、日々のランがツマラナクなったりもした!!

なんだか、楽しんで走れていない事も多く、悪循環にはまっていた気もする。

 

だから、来シーズンにむけて走る事を楽しんでいこうと思う。

体重が落ちなかったり、脚が痛くなっても、疲労や、ケガまでもマラソンの一部として楽しめるようになりたい!!

そうすれば良い結果につながっていくと考えています!