母親が脳卒中で倒れました(;゚□゚)

 

雪の中、救急車は行く

 

70歳近くなり、何らかの病気や入院は覚悟してはいましたが、、

救急車で病院に運ばれてすぐにCT。右脳での出血が確認された。

 

出血を抑える為の止血剤、降圧薬の点滴をうける。

点滴の他に、多くのセンサーや管が取り付けられ、ピコピコ電信音がすさまじい。

モニターには、母親の血圧が大きく表示されてる。

血圧は170と表示されている。

これ以上出血しない為に、血圧を下げなければならない。

 

1時間後に再度CTを撮り、出血が増えていれば緊急手術だといわれる!

 

待っている間、何もできないし、ただ、ただ焦り、祈るばかり。

体のすべてをつかさどり、心や思いが宿る頭を開けると、話を聞くだけでおぞましい気持ちになってしまうが、医者は冷静そのもの。

2回目のCTの結果を聞くのがものすごく恐ろしかったが、

点滴が効いたのか出血はふえておらず、血圧も120まで下がった為、

2種の点滴で様子見て行く事となる。

 

 

駆け付けた病院で見た母の姿、

かなりショックを覚えました。

しかし、脳出血

意識こそありますが、左半身が動かない、

それ以前に何が起きたか良く解っておらず目をぎょろぎょろし、

何かしゃべっているが、まったく聞き取れない。

 

 

しかし、明るい母親、なかなか会話が成立しない状況をやっと理解したのか

「なにいってるかわかんないっしょ???」 

なぜか、この言葉だけすごく聞き取りやすく発声でき、皆、爆笑。

少しだけ安心して病院を出るが、その日は一睡もできなかった。

 

頭の中心部になる視床出血だと!

翌日、改めて医者からの説明を受けるために病院へ。

高血圧性 脳出血であり手術の必要こそないが、

意識障害、左片麻痺、感覚障害、失語障害などの症状がみられる!

血腫が吸収されると症状が改善されリハビリにより回復し

改善されていく見込みであると・・。

 

視床という様々な感覚をになう部分が出血し、

そこを通る神経がなぎ倒されている状態だという。

しかし、出血はアザのように徐々に消えて症状が軽くなっていくとの説明。

同時になぎ倒された神経は戻らないとの説明も。

これからのことが不安でたまらない。

 

そこなしに、明るい母親に励まされる 

失語障害についてはまったく感じられないほど、一生懸命しゃべる母親

なにか、自分でも不安を取り除くために一生懸命しゃべっている感じか?

病院内では何をするにせよ、名前の確認、生年月日の確認があったり日付けを聞かれたりするのですが。

 看護師「お名前は?」

 母親「吉永小百合!」

 看護師 「 !?!…。」

いいのか、悪いのか冗談をいう。石原さとみとも言った。

倒れて2日目、母親も状況を理解し苦しんでいるハズなのに一番あかるい。

そこなしに明るい母親の為にもこちらが頑張らなきゃと改める。